万年筆のペンフリーク −趣味の万年筆のページ− > 4.ディテール サイトマップ

2006年07月06日

4.ディテール


 ディテールと表現しましたが、これはかなり細かいこだわりの部分で最初のペンを選ぶ際は不要かもしれません。

 まず私が大事だと思うのはキャップの密閉度です。というのも、キャップを閉めた時、キャップ内に通気が取られているペンと、あまり通気されないペンがあります。この通気性は、気圧の変化によるインク漏れや、キャップ内での結露対策のために設けられている機構らしいのですが、私にとっては必要ありません。むしろ、通気されることによってインクが乾き、ファーストタッチでインクが出なかったり、ペンの内部でインクが煮詰まって、インクの色が濃くなることは私にとっては許せません。この点すばらしいのは、やはりペリカンアウロラモンブランですが、特にペリカンのそれは群を抜いているように思えます。
 キャップを回転してしめるものと、カチッと押し込むタイプがありますが、上記の理由により、高級なペンは全て回転させます。最初は面倒に感じる回転させるという作業も、すぐ慣れると思います。そして、この回転数にも違いがあり、やはりペリカンはちょうどいい具合、4回転と少しくらいで開きます。
 また、キャップの作りも各メーカーの工夫があります。というのも、使っていると解るのですが、キャップをしめる時、そして、尻軸に挿す際にボディに細かい傷がついてしまうのです。この問題を解決しようとしているキャップは、使い手の気持ちをくんでいるなぁと感動します。

 次にクリップのデザインも重要です。普段何気なしに使っていると気づかないかもしれませんが、各メーカーのこだわりが感じられます。スーツに挿す場合、クリップのデザインによって、スーツの傷み具合が随分と違ってきます。高級品のクリップはだいたい無垢の材料を削りだした物になっています。ファバーカステル伯爵コレクションは更にスプリング式(最近日本製のジェルペンなどでも増えてきました)で、ポケットを傷めないような配慮をしていますし、デザイン的にはアウロラが好きです。クチバシのデザインを採用しているペリカンは、何故か少し安っぽいもので(壊れやすい気もします)、800や1000を買うと5万円以上も出してこれか〜と悲鳴を上げたくなります。その他の機構が完璧なだけに800,1000など上位ラインだけでもキャップ周りにもう少しコストをかけて欲しい気がします。

 基本的に筆記には影響ありませんが、ペン先のデザインも気になります。私はコンウェイのペンが好きですが、10万円も出してゴールドプレートにしか見えないペン先(→自己紹介のページ参照)というのはアンバランスな気がします。品質重視の私ですが、満足感という意味でもう一工夫して欲しいですね。その点、ファバーカステルモンブランペリカンなどはオーナーの満足感を高めてくれる心遣いがあります。


箱のデザインも随分差があります。(買う際の基準にはなりませんが)ビスコンティは鰐皮のようなデザインの箱ですし、モンブランペリカンなどの限定品はデザインに凝ってて楽しませてくれますし、パーカーのデュオフォールドはフラッグシップらしい風格があります。

次の記事 → 5.軸材

万年筆のいろは
万年筆の選び方
1.ボディバランス
2.ペン先
3.機構
4.ディテール
5.軸材


posted by としかず Edit | Comment(0) | TrackBack(0) | 万年筆の選び方
ブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ファッション・アパレル・靴バッグ・小物・ブランド雑貨ジュエリー・腕時計食品・スイーツドリンク・お酒ダイエット・健康・介護美容・コスメ・香水パソコン・周辺機器家電・AV・カメラインテリア・寝具キッチン・日用品雑貨・文具おもちゃ・ホビー・ゲームペット・ペットグッズスポーツ・アウトドア新刊本・雑誌・コミックブックスCD・DVD・楽器フラワー・ガーデン車・バイクキッズ・ベビー・マタニティ|ゴルフ(ゴルフ場予約ゴルフ用品)|旅行・宿泊予約・航空券ダウンロードビジネス見積不動産・引越しマネー・教育・サービスフリマオークション動画ショッピングイベント・チケット予約レストラン検索出前・宅配楽天トップ(通信販売ショッピング/通販オンラインショップ)
Copyright (C) 2005-2008 ペンフリーク All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。