万年筆のペンフリーク −趣味の万年筆のページ− > 3.機構 サイトマップ

2006年07月06日

3.機構


 万年筆にインクを入れる方法として大きく分けるとカートリッジ/コンバータ式と吸入式の2種類あります。それぞれメリットがありますが、吸入式になれると、この吸入の儀式からわくわくが始まるようになります。このページをご覧になるような方には、できれば吸入式をお勧め致します。
 カートリッジ/コンバーター式は、面倒な手間はなく、旅先などにインクを持っていくのも簡単で、便利です。忙しいビジネスマンにはこちらが向いているかもしれません。カートリッジはメーカー毎に異なった規格の物を使っている場合がありますので、インクの選択肢は基本的に広くはありません。コンバーターとは、カートリッジの代わりにスポイトのような機構の物を挿し、簡易版の吸入式になる物で、各メーカーで別売り(内蔵しているペンもあります)されています。ただし、コンバーターは吸入量がかなり少ないので、多量な筆記には向きません。
 吸入式は一度に沢山のインクが入る物が多いので、カートリッジ式に比べると一回の補充での筆記量は当然多くなります。また、カートリッジと、インク瓶で比較すると圧倒的にコストが安くなるので、筆記量が多かったり、太めのペン先を選ぶには吸入式の方が合っていると思います。更に、どのようなインクを入れることも出来るので、インクの選択肢が広くなり、万年筆の楽しみが更に奥深い物になります。また、私にとってインク瓶から吸入している時間は、墨を硯でするような大事な時間です。
 そして、吸入式に関しては、スムーズさ、機構の信頼性が大事だと思いますが、そういう意味ではペリカンが一歩リードしているように思えます。

次の記事 → 4.ディテール

万年筆のいろは
万年筆の選び方
1.ボディバランス
2.ペン先
3.機構
4.ディテール
5.軸材
posted by としかず Edit | Comment(0) | TrackBack(0) | 万年筆の選び方
ブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ファッション・アパレル・靴バッグ・小物・ブランド雑貨ジュエリー・腕時計食品・スイーツドリンク・お酒ダイエット・健康・介護美容・コスメ・香水パソコン・周辺機器家電・AV・カメラインテリア・寝具キッチン・日用品雑貨・文具おもちゃ・ホビー・ゲームペット・ペットグッズスポーツ・アウトドア新刊本・雑誌・コミックブックスCD・DVD・楽器フラワー・ガーデン車・バイクキッズ・ベビー・マタニティ|ゴルフ(ゴルフ場予約ゴルフ用品)|旅行・宿泊予約・航空券ダウンロードビジネス見積不動産・引越しマネー・教育・サービスフリマオークション動画ショッピングイベント・チケット予約レストラン検索出前・宅配楽天トップ(通信販売ショッピング/通販オンラインショップ)
Copyright (C) 2005-2008 ペンフリーク All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。