万年筆のペンフリーク −趣味の万年筆のページ− > ファバーカステル 伯爵コレクション ペルナンブコ サイトマップ

2007年01月22日

ファバーカステル 伯爵コレクション ペルナンブコ



ペルナンブコはバイオリンの素材としても知られる赤褐色の木材です。
このシリーズのペンは重く細いので、奇妙なバランスのペンなのですが、ペン先のとろけるようなシルクタッチは他の追随を許しません。また、細部の作り込みも絶妙で、クリップは伯爵コレクションの名に恥じないものとなっています。また、金属部分の輝きもすばらしく、見ていて飽きることがありません。


逆に欠点は重さ・バランスのほか、金属部分(以前はスターリングシルバーでしたが、現在)が傷つきやすい、ペン先がくすみやすいなどを感じます。特に重たいキャップを尻軸に挿すと、あまりにバランスが尻軸寄りになり書きにくいので、私は伯爵コレクションに関してはキャップを挿さずに書いています。
ただ、これらの欠点を補う以上に感動するペン先のタッチですので、モンブランペリカンアウロラ・パーカーなどを既に所有しているのであれば、是非一度手に取って頂きたいペンです。
なお、国内では非常に高価なペンですが、ヨーロッパでは、意外に安く売っているのを目にします。私が買った中では2万円台中盤で買えた物もあるくらいですから、機会がある方は是非探してみて下さい。

下の写真は伯爵コレクション ペルナンブコのボールペンです。
これはスーツに挿して出したらさぞ美しいだろうと購入したのですが、やはり普段使いには高価すぎて無くすのが怖いのと重さがありすぎるので、結局出番はあまりありません。

楽天で探す
Yahooショッピングで探す

下記のコメントに皆さんのインプレッションを残して頂けると幸いです。

万年筆インプレッション
ペリカンインプレッション
モンブランインプレッション
アウロラインプレッション
ファバーカステルインプレッション
ウォーターマン インプレッション



posted by としかず Edit | Comment(1) | TrackBack(0) | ファバーカステル インプレッション
ブックマークに追加する
この記事へのコメント
初めまして、カナダ在住のMattと申します。
最近万年筆を使い始め、色々なサイトで勉強をしていてこのサイトを見つけました。
私が使用しているのはファーバーカステルのギロシェロジウムで同じ万年筆では有りませんが、インプレッションを読ませて頂き同じような印象でした。
やはり、キャップの部分が重すぎて尻軸にさすとかなり書きにくいですね、しかしながらキャップをささなくても使う分には支障がないので私もキャップをささずに使用しています。

実はこの万年筆の前にカランダッシュのエクリドールを数日間使用したのですが、不具合があり返品してしまいました。
そしてその店で最も信頼性が高いペンと言う事でギロシェを購入しました。

見た目はよく似た感じですが、書き味はかなり異なりギロシェの方が柔らかく滑りもいいので大変気に入っています。

インクはプライベートリザーブのDC-Supershow Blueを入れ毎日使用しています。

ほかにLAMY-Logoも使用しているのですが、どこに書き込みすればいいでしょうか?
またインクのインプレッションは有るでしょうか?

Posted by Matt at 2009年03月28日 02:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ファッション・アパレル・靴バッグ・小物・ブランド雑貨ジュエリー・腕時計食品・スイーツドリンク・お酒ダイエット・健康・介護美容・コスメ・香水パソコン・周辺機器家電・AV・カメラインテリア・寝具キッチン・日用品雑貨・文具おもちゃ・ホビー・ゲームペット・ペットグッズスポーツ・アウトドア新刊本・雑誌・コミックブックスCD・DVD・楽器フラワー・ガーデン車・バイクキッズ・ベビー・マタニティ|ゴルフ(ゴルフ場予約ゴルフ用品)|旅行・宿泊予約・航空券ダウンロードビジネス見積不動産・引越しマネー・教育・サービスフリマオークション動画ショッピングイベント・チケット予約レストラン検索出前・宅配楽天トップ(通信販売ショッピング/通販オンラインショップ)
Copyright (C) 2005-2008 ペンフリーク All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。