万年筆のペンフリーク −趣味の万年筆のページ− > 万年筆ショップの選び方 サイトマップ

2007年02月21日

万年筆ショップの選び方


 何処で万年筆を買うか。はじめは安ければ何処でもいい、品揃えさえあればと思うかもしれませんが、万年筆を所有するだけならそれでもいいかもしれません。
 私がこのサイトを作ったのは「万年筆を楽しむ人が増えて欲しい」からです。そして、そのための店選びというのは非常に大事だと思っています。せっかくこのページを見て頂いたのであれが、是非私の意見も参考にして頂き、ご自分なりの基準で真剣にお店を選んで下さい。(私もまだまだヒヨッ子ですので、あくまでも参考程度に)
■ショップ選びのポイント
私が重要だと思うのは
1店員の知識、親しみやすさ
2品揃え
3試筆の可否
4価格(値引率)
5自分の好みを理解してくれるか
6アフター
7交通
8仲間
9調整
等です。
それぞれに関しては、おってアップ致します。

■有名店について(私の感想)
フルハルター はじめてだと見落としてしまうほどお店は狭いが、店中には万年筆の本当に広い世界が待っている。初心者であっても、丁寧に対応して頂ける。また、先客がいる場合、最初は入りにくいが、いすが空いている限り遠慮は不要である。
金ペン堂 店主のペンの好みがあまりに強く、自らの気持ちを臆することなく伝えないと、いつの間にかペリカンのFを買うことになる。しかし、買った品はきちんとメンテされた確かな品なので、結果として間違えではないことに気づく。
伊東屋 品数の豊富さは日本一であろう。ペリカン800の緑縞Bというだけで、アタッシュケースに入った何本ものペンを試筆させてくれる。(私はここまでやらせて買わずに帰る勇気はなかなか無いが)
丸善 伊東屋と同じく老舗の万年筆コーナーで流石の知識と仕入れで、圧倒される。最近店の雰囲気も良くなっている。
書斎館 万年筆がファッションとして、広く認知された立役者の一人であろう。この店の雰囲気は他にはない。一度は訪れて見て欲しい。
中屋万年筆 職人という雰囲気があるが、客の要望を良く聞いてくれる。
ナガサワ文具センター 明るい雰囲気で、店員もフレンドリーでとても感じのいい店である。
モリタ 大阪にいた時は会社に近いこともあり良く通った。店は見つけづらいかもしれないが、とても居心地がいい店である。
ユーロボックス 一種独特の雰囲気があるが、中はやはりすばらしい世界が待っている。
順不同
posted by としかず Edit | Comment(0) | TrackBack(0) | 万年筆のいろは
ブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ファッション・アパレル・靴バッグ・小物・ブランド雑貨ジュエリー・腕時計食品・スイーツドリンク・お酒ダイエット・健康・介護美容・コスメ・香水パソコン・周辺機器家電・AV・カメラインテリア・寝具キッチン・日用品雑貨・文具おもちゃ・ホビー・ゲームペット・ペットグッズスポーツ・アウトドア新刊本・雑誌・コミックブックスCD・DVD・楽器フラワー・ガーデン車・バイクキッズ・ベビー・マタニティ|ゴルフ(ゴルフ場予約ゴルフ用品)|旅行・宿泊予約・航空券ダウンロードビジネス見積不動産・引越しマネー・教育・サービスフリマオークション動画ショッピングイベント・チケット予約レストラン検索出前・宅配楽天トップ(通信販売ショッピング/通販オンラインショップ)
Copyright (C) 2005-2008 ペンフリーク All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。