前の記事 TOP 次の記事

2007年02月21日

万年筆の調整

 万年筆はペン先の調整一つで、全く別物になる場合があります。自分の好みに合っていればいいですが、合わない場合は非常にストレスを感じ、場合によってはお蔵入りになってしまう事もあると思います。
 買ったばかりのペンで、ペン先の滑りが悪いケースが良くあります。メーカーにより個体差の大きいメーカーもあり(というより、最初からスムーズなものばかりというメーカーは少ないように思います。)、私がお勧めするペリカンやアウロラでもそのようなケースがままあります。そのほとんどは使っているうちに自分の書き癖に合ってきますので、忍耐をしていればいいと考える方も居ますが、高いお金をかけてストレスを買うような事は私には向いていません。
 また、いろんなペンを使ってみるとそのペン先の微妙な違いを感じ、いろんなリクエストが出てきます。私の場合は下記のようなリクエストです。
 @インクのフロー(流量)を良く(渋く)したい。
 A自分の筆記角度で書きやすくしたい。
 Bタッチを滑らかにしたい。
 C太さを変えたい。

 さて、これらのリクエストに答える『ペン先の調整』をすると本当に感動します。調整済のペンを売って頂けるお店や、買ってから調整して頂けるお店もありますので、自分でペン先を育てる趣味がない限り、定価で買うならそのようなお店で買ったほうが、何倍も得すると思います。

 しかし、私のような少ない予算で沢山のペンが欲しい人間にとって、全て定価で買うことや、1本1本調整に出すこと、或いは全てのペンを自分の書き癖に合うまで調教するのは困難なことで、簡単な調整は自分でやってみようと考えるのは当然の成り行きでした。
 そこで、簡単な調整をするようになったわけですが、その一部をご紹介致します。もし、同様にやってみようという方は自己の責任において安いペンで試しながらやってみることをお勧めします。

ペン先の研磨

 はじめにルーペ(20倍の1,000円くらいのもの)、ラッピングフィルム(紙ヤスリのようなもので、工業用に金属を研磨したり、模型用のものなどがあります。模型用通販)を粗い4000番と極細の10000番の2種類(1000円程度)を用意し、ペン先の研磨です。

 インクを入れたまま普段の筆記角度を保ちラッピングペーパー上でスリスリと円を描いたり、ニブポイントの左右、上下を滑らかな球状になるようにこすりつけるだけです。(この形状は真球でなく、研ぎ師によっても違いがあるし、書き手の癖やリクエストにも影響されます)ルーペで睨みながら最初は少しずつやってみました。特に粗い番手ではニブポイントの貴重なイリジウムが少しずつですが、はっきりと削られていきますので、慎重にやります。また、筆記角度だけを削ると、太くなったり、筆記角度の変化への追従性が落ちるので、筆記角度の周辺で角度をいろいろ変えてスリスリします。私は元あるポイントの形を大きく変えたりはしませんが、ポイントの形は今後追求してみたいと思っています。某有名店で買ったMスペシャルという削り方は確かに筆記角度のキャパシティは広く滑らかなのですが、私は縦線を太めに書きたいので、そのような調整方法を試してみようと思っています。
更に切り割りにも10000番のラッピングフィルムを挟み1,2回こすってあげた方がいいでしょう。
最後に良くペン先を洗ってあげます。
 たったこれだけで、劇的に変化します。特に買ったばかりのペンでは滑りが全く別物(慣れない方は軽く滑りすぎて書きづらいと感じるくらい)になります。今では新しいペンを買うと、ほとんどの場合極細のラッピングペーパーの上を一度は通過します。金磨きクロス
15000番など更に細かいラッピングフィルムや、金磨き布(金磨きクロス)、バフなどいろんな方法がありますが、現状ではこの程度で満足しています。
 ペン先のポイントは稀少な金属を使っている上、消耗品です。削りすぎた場合は元には戻りませんので、自己責任で慎重に試して下さい。

お買い物ページ
ラッピングフィルム
楽天ラッピングフィルム 楽天でラッピングフィルムを探す
YahooShoppingラッピングフィルム Yahooショッピングでラッピングフィルムを探す
Amazonラッピングフィルム Amazonでラッピングフィルムを探す
  ネクストジェネレーション
金磨き布
楽天金磨きクロス 楽天で金磨きクロスを探す
YahooShopping金磨きクロス Yahooショッピングで金磨きクロスを探す
Amazon金磨きクロス Amazonで金磨きクロスを探す

フローの調整

 ペン先の調整で簡単に変化します。
一番簡単なのは切り割りを両側から指で持ち、少しずつ拡げる事でフローが良くなります。また、ペン先のカーブを若干平らにすると、ペン先のしなり方が多少大きくなり、これもフローが良くなります。(やりすぎると弾力性が失われます。あのカーブには深い意味があるのです。)もちろんこれらの調整はどうしても自分でさわってみたい方が、自己責任でお願いします。
 フルハルター等での調整は更に、ペン先の角度(多少斜めになっている)や長さが変わって帰ってきます。これは自分でやってみようと は思えないので、ご参考まで。

次のページ → 限定万年筆


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

posted by としかず at 21:37 | 万年筆のいろは

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa