万年筆のペンフリーク −趣味の万年筆のページ− > ペリカン インプレッション サイトマップ

2006年07月01日

ペリカンインプレッション

ペリカン 万年筆 pelikan
pelikan_souveran
左からM1000M800、M805、M800M600M200、M200

 ペリカンはアウロラとともに私の一番お勧めするメーカーです。その特徴は、ボディや吸入機構の工作精度の高さからくる信頼性、ボディのバランスの良さ、そして、滑らかな書き味です。また、ペリカンの万年筆はペン先の交換が簡単に出来ることも特徴です。(本体とほとんど同じような価格なので買ったことはありませんが)
 ペリカンはペン毎の個体差が結構あるように思われるので、購入の際は出来るだけ沢山のペンを試筆することをお勧め致します。但し、そのほとんどは使っているうちに書き癖に合って来るもので、一度自分に合ったペンになるともう手放せないものとなるでしょう。
 キャップや天ビス、クリップなどのちゃちな作りが改善されれば言うことはないのですが、最も信頼出来るメーカーだということは、多くの方に賛同頂けるでしょう。
メーカーHP
上からM1000、M800、M600
ペリカン スーベーレン 万年筆 ペン先

ペリカン スーベーレン M1000

ペリカン M1000 万年筆定価  60,900円(税込)

 ペリカン社の最高級ラインであるスーベーレンシリーズ中、最も大きいM1000 続きを読む

ペリカン スーベーレン M800

M800 ペリカン スーベーレン 万年筆定価  52,500円(税込)
 ライバルの、モンブラン146、アウロラオプティマ等に比べ、ボディバランスの良さ 続きを読む

ペリカン スーベーレン M600

ペリカン 万年筆 M600定価  36,750円(税込)
 私の手にはこの600くらいのサイズがベストです。平均的な手の  続きを読む

  M620都市シリーズはM600がベースとなっています。

ペリカン スーベーレン M400

ペリカン 万年筆 M400定価  29,400円(税込)
 私のスーツの内ポケットには常に、傷だらけのM400青縞のMに、純正ブラックの 続きを読む

ペリカン スーベーレン M300

ペリカン スーベーレン M300 M320定価  29,400円(税込)
 かなり小さいサイズにもかかわらず、しっかり吸入式を採用しているこの300は  続きを読む


はじめて20,000円以上の高額なペンを購入されたい方は、400600800から最も書きやすい太さ、長さ、重さで検討すれば満足されると思います。

※各ペンのインプレッションページのコメント欄に投稿し、皆さんのインプレッションを是非お聞かせ下さい。


■関連記事


posted by としかず Edit | Comment(0) | TrackBack(0) | ペリカン インプレッション
ブックマークに追加する

2006年07月02日

ペリカン スーベーレン M1000



 ペリカン社の最高級ラインであるスーベーレンシリーズ中、最も大きいのが、このM1000です。このペンは書き味を求める人には是非一度手にしてもらいたい逸品で、そのペン先(18金)の軟らかさは他のペンでは味わえません。ペン自体が大きく、それなりの重さがあるためほとんど力を加えなくても、紙にペン先を乗せるだけでペン先が開き、たっぷりとインクが出てきます。但し、多少の弾力を求める方には、軟らかいだけ、ただフローがいいだけのペンと感じられるかもしれません。私自身も多少弾力があった方が、きれいな字を書けると思っており、このペンは乱筆用として使っております。(6万円近いペンを清書用に使えないのはちょっと残念ですが。)なお、あまり胴軸の太いペンを好まない私ですが、M1000はその大きさに似合わずあまり持ちにくさは感じません。ペリカンのペンは、そのサイズ毎に軸の太さ、重さ、重心等のバランスがとれているのでしょう。  また、その吸入式の機構は大変信頼感のあるもので、私の嫌う乾燥があまり無く、ファーストタッチからビシッとインクが出てきます。

楽天M1000 楽天でM1000を探す
YahooShoppingM1000 YahooショッピングでM1000を探す



■関連記事
posted by としかず Edit | Comment(0) | TrackBack(0) | ペリカン インプレッション
ブックマークに追加する

ペリカン スーベーレン M800



 ライバルである、モンブラン146アウロラオプティマ等に比べても、ボディバランスの良さではこの800に軍配が上がるでしょう。やや太めの軸で、それなりの重量感があるこのペンは、その信頼性の高さとともに、間違いなくお勧め出来ます。M1000に比べるとペン先(18金)は腰があり、その滑らかさは同レベルなもので、書きやすさとしては800の方が多くの人に受け入れやすいと思います。また、他社に比べペン先のバリエーションが広く、ペン先の交換も簡単に出来ることから、選択肢の幅は広いと思います。(私はBBBという極太のペンも使っています。)普段EFや、Fしか使わない方も、いろいろなペン先を試してみて下さい。当然太くなればその分タッチが軟らかくなるので、書き味を楽しむにはM以上がいいと思います。但し、B以上太いペン先は、そのポイントの形状がフラットに出来ており、筆記角度に対する追従性に乏しく、最初は使いにくいかもしれません。
楽天M800 楽天でM800を探す
YahooShoppingM800 YahooショッピングでM800を探す


■関連記事
posted by としかず Edit | Comment(0) | TrackBack(0) | ペリカン インプレッション
ブックマークに追加する

ペリカン スーベーレン M600



 私の手にはこの600くらいのサイズがベストです。平均的な手の大きさの日本人男性が最も書きやすいと思うサイズでしょう。  但し、800に比べると随分軽くなり、また、ペン先(14金)もかなり硬く感じます。良く言われていますが、小さい800ではなく、大きな400と考えて下さい。  結局サイズとしては600が一番使い易いと感じている私自身も、400800の方が登場機会が増えてしまっています。  海外では18金のペン先の販売もありますが、国内では14金になります。同サイズの都市シリーズなどは18金を採用していますので、18金にこだわる方は限定シリーズを検討下さい。(私は18金へのこだわりは全くありません)

楽天M600 楽天でM600を探す
YahooShoppingM600 YahooショッピングでM600を探す


■関連記事
posted by としかず Edit | Comment(0) | TrackBack(0) | ペリカン インプレッション
ブックマークに追加する

ペリカン スーベーレン M400



 私のスーツの内ポケットには常に、傷だらけのM400青縞のMに、純正ブラックのインクを入れて挿してあります。軽く、短く、細めのボディー、少し硬めのペン先(14金)など、携帯用にはこの400が最も適しているように思います。書く楽しさは1000800には劣りますが、私にとって無くてはならないペンになっています。  欲を言えば400とは別に、このサイズで300並に軟らかいペン先が選べるラインナップがあると、楽しめると思うのですが。  携帯用、仕事用、手帳用、女性用、手の小さい方用、試験用、万年筆になれていない方用など用途は一番広いのではないでしょうか。  予算も好みも全く関係なく、はじめて万年筆を使う方に1本選んであげるとしたら、用途が広く、書きやすいこのペンをお勧めすると思います。その方が万年筆に慣れ、好きになって8001000146149)がメインになってもこの400は一生お蔵入りはしないのではないでしょうか。 →M400を探す

楽天M400 楽天でM400を探す
YahooShoppingM400 YahooショッピングでM400を探す


■関連記事
posted by としかず Edit | Comment(1) | TrackBack(0) | ペリカン インプレッション
ブックマークに追加する

ペリカン スーベーレン M300



かなり小さいサイズにもかかわらず、しっかり吸入式を採用しているこの300は、大好きなペンの一つです。使ってみると、そのペン先の軟らかさに驚きます。800以上に軟らかいのではと思うくらいです。300のBBは本当にウキウキするペンです。  長時間の筆記には適さないサイズですが、余裕のある方は是非1本購入してみて下さい。(但し、400と同額です。私は2本持っていますが、無くしそうなので結局持ち歩くことはまれです。) 期間限定で注文数のみ生産した同サイズのM320は私好みの発色のいいペンなので、写真に追加しました。

楽天M300 楽天でM300を探す
YahooShoppingM300 YahooショッピングでM300を探す


■関連記事
posted by としかず Edit | Comment(0) | TrackBack(0) | ペリカン インプレッション
ブックマークに追加する

2007年02月16日

ペリカン 都市シリーズ ニューヨーク





都市シリーズの中でも一見奇抜な印象を持つニューヨークですが、手にするとその美しさに驚きます。最初はなぜこれがニューヨークなのか理解できなかったのですが、手にすると何となくニューヨークの雰囲気を感じるようになります。クリップなど金属部分にシルバーを使ったこのペンは女性に似合うと思います。
他の都市シリーズと同様M600ベースですが、ペン先は18金となっています。ただ、それによりペン先のタッチや軟らかさが変わったとは感じにくく、14金を使うM600のそれとほとんど一緒です。




楽天ニューヨーク 楽天でニューヨークを探す
YahooShoppingニューヨーク Yahooショッピングでニューヨークを探す

下記のコメントに皆さんのインプレッションを残して頂けると幸いです。


■関連記事
posted by としかず Edit | Comment(0) | TrackBack(0) | ペリカン インプレッション
ブックマークに追加する

2007年03月02日

M700 トレド


ペリカントレド

ペリカントレド16世紀頃スペイン帝国の首都として栄えたトレドは、精巧な宝飾細工の産地としても知られています。このペリカントレドはそのクラフトマンシップを表現し、一本一本ペリカン社のクラフトマンにより手作業で彫金され、 さらに24Kゴールドの上張りがほどこされています。 一本一本ナンバリングされ、保証書に制作担当者のサインまで入っています。
  同軸の素材は スターリングシルバーですが、意外に軽いペンで、また、バランス良く感じられ、私にとってはかなりお気に入りの一本です。

ペリカントレドM600ベースですが、ペン先は18金となっていて、プラチナでの装飾もスーベーレンシリーズとは違い、多少どっしり感のあるものとなっています。ただ、それによりペン先のタッチや軟らかさが変わったとは感じにくく、14金を使うM600のそれとほとんど一緒です。

ペリカントレド

楽天トレド 楽天でトレドM700を探す
YahooShoppingトレド YahooショッピングでトレドM700を探す

下記のコメントに皆さんのインプレッションを残して頂けると幸いです。

続きを読む
posted by としかず Edit | Comment(2) | TrackBack(0) | ペリカン インプレッション
ブックマークに追加する


Copyright (C) 2005-2008 ペンフリーク All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。