万年筆のペンフリーク −趣味の万年筆のページ− > 予算別お勧め万年筆 サイトマップ

2007年02月21日

予算別お勧め万年筆


 特にはじめて万年筆を手にする方向けの癖のないお勧めのペン(いわゆる定番商品)です。あくまでも私が使った範囲で、私の好みが多分に入っていますので、参考程度にご覧下さい。また、定番とは言えないが万年筆が好きになった方に是非使って頂きたいペン(カステル伯爵コレクションや、モンテグラッパシンフォニーなど)もありますが、MyImpressionで発掘して下さい。

 国産品はばらつきも少ないですし、同じ品質の物が明らかに安く買えます。軟らかいペンが良ければセーラーかパイロット、硬めならプラチナで10,000円クラスで入門用としては十分ですし、20,000円クラス(プロフィット21、カスタム742等)ならすばらしい品質を安価に味わえます。私の好み(軟らかく、滑らかな太めのペン先でさらさらと書ける軽めのペン)では、プロフィット21又は同スタンダードをお勧めします
 予算が関係なければ、ペリカン400(小ぶり)、同800(最高のバランス)、アウロラオプティマ(軽く美しいボディ)、モンブラン146(硬めのペン先にいかにもなデザイン)から書きやすいと思う物を選べば一生つきあえるはずです。
 また、10,000円以下では鉄ペンワールドにも安価な鉄ペンを沢山ご紹介しておりますので、ご参照下さい。
 (価格は平成17年5月時点の税抜定価で記載しています。)

※写真等の詳細はおって掲載致します。

posted by としかず Edit | Comment(0) | TrackBack(0) | 予算別お勧め万年筆
ブックマークに追加する

15,000円までのお勧め万年筆

ペンフリーク > 万年筆のいろは > 予算別お勧め万年筆 > 15,000円までのお勧め万年筆
 最も手が出やすい価格帯であるこのクラスは、最も価格差を実感できる価格帯ではないでしょうか。(内外価格差が随分ありますので、その点は考慮下さい)万年筆に興味をお持ちになったら、まずはこのクラスで十分ですので1本手にしてみて下さい。10,000円以下でもいいなと思うペンはありますが、特徴のあるペンを思い出せなかったので、あえて掲載しませんでした。パイロットカスタム、セーラープロフィットスタンダードなどはエントリーモデルの定番でしょう。
なお、ここに掲載しているのは金ペンですが、鉄ペンにも沢山お勧めできる安くて使いやすい万年筆がありますので、鉄ペンワールドをご参照下さい。
ペリカン M250
ペリカン M250 トラディッショナル 万年筆
吸入式で、14金のペン先。押さえるところは全て押さえたという感じです。コストパフォーマンスのいいペンなのですが、このペンを最初に買うと、どうしても同社上位ラインのスーベーレンシリーズのペンが欲しくなってきてしまう危険性を持ち合わせています。
M250を探す
15,000円
パイロット キャップレス
パイロット キャップレス 万年筆
ノック式の万年筆らしくないペンですが、ペン先は軟らかく、フローもいい本当に書きやすい、意外なペンです。
キャップレスを探す
15,000円
パイロット カスタム74
パイロット カスタム74 万年筆
国産ベーシックモデルとも言えるペンです。
カスタム74を探す
10,000円
セーラー
 プロフィット21
この滑らかなペン先がこの価格で買えるのはさすが日本のメーカーという感じです。太めの軸が苦手な方は10,000円のプロフィットスタンダードもお勧めです。
プロフィット21を探す
15,000円

鉄ペンワールド
15,000円までのお勧め万年筆
15,000〜20,000円のお勧め万年筆
20,001円以上のお勧め万年筆
posted by としかず Edit | Comment(3) | TrackBack(0) | 予算別お勧め万年筆
ブックマークに追加する

15,000〜20,000円のお勧め万年筆

ペンフリーク > 万年筆のいろは > 予算別お勧め万年筆 > 15,000〜20,000円のお勧め万年筆
 少し中途半端な価格帯と言えるかもしれません。ちょっとだけがんばって買える価格帯ですが、満足する万年筆の予算としてはもう一がんばり必要かと思います。とはいえ、この2本はコストパフォーマンスを感じると思います。
ラミー2000 万年筆に見えないデザインですが、軽くて、フローがいいペンです。1966年にこのデザインのペンがあったのは驚きです。沢山のデザイン賞を受賞した有名なペンで、2006年に40歳になる友人に、同い年のこのペンを贈ろうと思っています。
ペン先はかなり太めなので、必ず試筆下さい。
ラミー2000を探す
20,000円
パイロット 742
パイロット 742 万年筆
742は本当にコストパフォーマンスが良くこれ以上を望む必要は無いかもしれません。
742を探す
20,000円

鉄ペンワールド
15,000円までのお勧め万年筆
15,000〜20,000円のお勧め万年筆
20,001円以上のお勧め万年筆
posted by としかず Edit | Comment(4) | TrackBack(0) | 予算別お勧め万年筆
ブックマークに追加する

20,001円以上のお勧め万年筆


 海外ブランドの金ペンはほとんどこのクラスになります。簡単に出せる金額では無いので、最初からこのクラスを狙う方は少ないとは思いますが、可能な方はペリカンの400600800から書きやすい太さのペンを選ぶのが間違いがないと思います。一番のお勧めはと聞かれると難しいのですが、一般的に言われているとおり、M800146オプティマの3本がいいと思います。私自身の好みではオプティマM800を少しリードしているのですが、これはそれぞれの好みだと思いますので、じっくり選んでください。
 万年筆にある程度慣れている方はこれらのペンを是非一度は手にとってもらいたい物です。オーソドックスなペンばかりですが、既にお持ちのペンとひと味違った楽しみが生まれるかもしれません。デュオフォールド等はどうして入らないのかと怒られそうですが、自分で所有したことがないので...何故買わないのかそれは...


モンブラン
 ジェネレーション
モンブラン ジェネレーション 万年筆
モンブランのベーシックモデルで、非常に書きやすいペンでしたが、廃盤になってしまいました。もう安いペンは売らないと言うつもりでしょうか。まだお店では見かけますので、お早めに。
ジェネレーションを探す
22,000円
セーラー プロフィット21
長刀研ぎ
このペン先はまさに日本の職人の芸術品と言った趣があります。
セーラー長刀を探す
25,000円
ペリカン M400
ペリカン M400 万年筆
入門用、携帯用、手の小さい方用、女性用としてはまさしく万年筆の見本とも言える最高のバランスだと思います。
M400を探す
28,000円
アウロラ タレンタム
アウロラ タレンタム 万年筆
カートリッジ式ですが、大型のボディで、滑らかなペン先です。私はキャップを尻軸に挿したぼってりしたプロポーションが好きになれないのですが。
タレンタムを探す
28,000円
パイロット カスタム743
パイロット カスタム743 万年筆
確かにいいペンですが、私としてはこの価格を出すならもう少し個性が欲しいです。
カスタム743を探す
30,000円
パイロット カスタム823
パイロット 万年筆 823
国産では珍しい吸入式。146に似たシルエットでM800に近いバランスで800以上に軟らかいペン先。その上ペリカンの茶縞(ペリカンフリークに大変人気がある色です)のようなブラウンボディも有りとお買い得な1本です。
この上に18金の845がありますが、52,500円という価格を考えると、823の方がコストパフォーマンスは圧倒的にいいと思います。
カスタム823を探す
30,000円
ペリカン M600
ペリカン M600 万年筆
400を一回り大きくしたこのペンは微妙な存在ですが、私には一番使いやすいサイズです。ただ、800とは性能的に明らかに別物で、ペン先の感触も大きく違いますし、内部のパーツ等もM800の方がいい物を使っていますので、必ず800を試した上で購入下さい。
M600を探す
35,000円
アウロラ オプティマ
アウロラ オプティマ 万年筆
非常に美しく、軽いイタリア製のペンで、ペン先、機構とも申し分ないペンだと思います。その上、価格がモンブラン・ペリカンの同クラスに比べ良心的。机の上にオプティマが居ると、その惚れ惚れするようなシルエット、軸材の発色でみているだけで楽しいペンです。この美しさは写真では表現しきれません。私もはじめて実物を見た時は驚きました。
特に万年筆になれている女性が使っているとすごく雰囲気があります。明るいボディを選んでも安っぽいものではありません。
オプティマを探す
38,000円
ペリカン M800
ペリカン M800 万年筆
最高にバランスが良く、機構も最高級、ペン先は軟らかく、書き味も滑らかです。願わくばキャップ、クリップなどのディテールの質感にもこだわってくれるといいのですが。
とはいえオプティマ、146と並び最もお勧めできるペンです。
M800を探す
50,000円
モンブラン 146
モンブラン 146 万年筆
書くための道具としてきちんと作ったという感じのモンブランの傑作です。私も子どもの頃からのあこがれのペンで、はじめて手にするまで、何年も憧れ続けたペンです。昔はペリカン800よりずっと安かった時代もあったのに...随分高いペンになってしまいました。
「モンブラン」というブランドに絶対の信頼を置いている方や、質実剛健で、いかにも万年筆というデザインを求める方に。
146を探す
59,000円
ペリカン M1000
ペリカン M1000 万年筆
文句なしに最高の書き味です。
ボディの重さと軟らかいペン先で、そのしなることしなること。万年筆になれていない人には書きにくいかもしれませんが、私にとって最高の1本です。
大きいボディですが、使ってみるとあまり気になりません。
M1000を探す
58,000円
モンブラン 149
モンブラン 149 万年筆
モンブランのフラッグシップ。多くの文豪が愛したこのペンはヘビーユーザーにあっていると思います。万年筆を何本も持ち、書き味より疲れないことを優先する方へ特にお勧めします。
149を探す
69,000円

鉄ペンワールド
15,000円までのお勧め万年筆
15,000〜20,000円のお勧め万年筆
20,001円以上のお勧め万年筆
posted by としかず Edit | Comment(2) | TrackBack(0) | 予算別お勧め万年筆
ブックマークに追加する


Copyright (C) 2005-2008 ペンフリーク All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。